別荘としての保険への加入

アパートを賃貸契約するような場合には、入居者がかならず火災保険に加入するようにすることが条件となっている場合がほとんどといえます。

ひとたび火災が起きたときの被害は甚大で、保険金がなければ容易に生活を立て直すというのは困難ですので、こうした保険に加入するのはたいへん意義のあることといえます。

軽井沢の別荘情報を厳選して紹介します。

それでは別荘を建てた場合にも、同様に火災保険に加入することができるのかといえば、これはケースバイケースということになります。

別荘はもともと常時生活することを予定された建物ではなく、あくまでも季節的な保養が目的ですので、保険によってわざわざ守るだけの家財がないことが多いからです。

しかし、別荘のなかにある程度の生活に耐えるだけの家財があって、しかも定期的にそこで生活をしている実態があるというのであれば話は別で、戸建て住宅用の火災保険に加入できる可能性があるといえます。ただし、この場合であっても、国と民間がなかば共同で運営している地震保険については、火災保険のオプションとして契約することは通常できません。



また、最近では別荘のための専用の火災保険などを取り扱う会社もあらわれてきており、このようにもともと別荘をターゲットとしたものであれば、加入を断られる心配がないといえるでしょう。
このタイプの保険では、単なる火災保険というのではなく、草刈りや建物の修繕、防犯パトロールなどといったサービスも組み合わせて提供していることがあります。